2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
分譲済の当社管理マンション対象向けプラン 100 年マンション化(長寿命化)を目指し大規模修繕工事周期の長期化の取り組み 「Via・Renaissance(ヴィア・ルネサンス)」発表
2019/07/22

当社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 深城浩二)は、伊藤忠ブランドの分譲マンション『クレヴィア』シリーズが、順次第1回目の大規模修繕工事の時期を迎えていくことを契機に、分譲済の当社管理マンションを対象に大規模修繕工事の周期を長期化する取り組み「Via・Renaissance」(ヴィア・ルネサンス)を開始いたします。

■社会的情勢とマンション再生
 現在、マンションストックにおける高経年マンションの割合が増加すると共に、70才代以上の世帯主の割合も増加し、建物の老朽化と居住者の高齢化が社会問題となっております。また、マンションでの永住意識が高齢であるほど高くなる(約63%)一方、長期修繕積立金が不足しているマンションの割合が35%に上るなど、住み続けたい願望がありつつもコスト負担への不安が高まっています。(※1)
 このように、マンションを取り巻く状況が厳しくなる中、当社は、居住者の皆様が「資産価値を維持向上し」「安心して永く暮らして」いただくことを目指し、「100年マンション研究会」を立ち上げ、長期修繕計画を通常期間の30年間ではなく100年間作成、長期にわたる修繕工事やコストを明確にし、資金繰りのアドバイスをしながら適宜計画を見直す等、マンション再生へのご提案・合意形成サポートを推進してまいりました。
(※1 国土交通省 平成30年度「マンション総合調査」より)

■「Via・Renaissance(ヴィア・ルネサンス)〜再生への道〜」の取組み
 上記「100年マンション研究会」の目指す「永く安心して住み続ける」ための取組みとして、当社が管理する分譲済の『クレヴィア』シリーズを対象に、当社責任施工による竣工後第1回目の大規模修繕工事において、屋上防水の保証期間をこれまでの業界標準である10年から15年へ延長した「長期保証」とすることで、次回の大規模修繕工事の推奨を12年から15年に延伸するプランのご提案が可能となりました。

■今後の導入予定
 『クレヴィア新大塚』(85戸)の第1回大規模修繕工事にて、「Via・Renaissance」第1号として工事を実施することが決定いたしました。これからも、当社は管理会社としてマンションにお住まいの皆様に寄り添い、マンション長寿命化を目指してまいります。

 PDFを見る(PDF:485.2 KB)

以上
るるぶ特別編集 伊藤忠グループ提供 「学生会館ガイドブック2020」を発行しました!
2019/07/16

当社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 深城 浩二)は、2019年7月12日に首都圏の学生会館専用パンフレット「るるぶ特別編集 伊藤忠グループ提供『学生会館ガイドブック 2020』」を発行いたしましたのでお知らせいたします。

本冊子は、旅行情報誌『るるぶ』を発行する株式会社JTBパブリッシング(本社:東京都新宿区 代表取締役 社長執行役員 今井 敏行)と当社がコラボレーションした「学生会館+街」の情報誌で、今年で6号目を迎えました。

今号は当社が展開する東京・スチューデントハウスシリーズを中心に13会館を掲載、会館周辺の街6エリアのグルメ情報も紹介しております。また、セキュリティ・防災備品など学生が安心して暮らせる会館設備や、新入生歓迎会・クリスマスパーティなど入館生同士の交流が深められるイベントの紹介など、学生会館での生活がイメージできる内容となっております。
当社は、約40年の学生会館運営実績を活かし、今後も学生会館の魅力をわかりやすくお伝えしていくと共に、より一層「安心・安全・快適」な学生生活をサポートしてまいります。

 PDFを見る(PDF:856 KB)

以上
伊藤忠グループの新築学生専用住宅 『CREVIA WILL(クレヴィアウィル)』 第2弾〜「クレヴィアウィル早稲田」 早稲田大学推薦学生寮に認定〜2020年3月運営開始に向け、早稲田大学との基本合意書を締結
2019/05/20

伊藤忠都市開発株式会社(東京都港区、代表取締役社長:松 典男、以下「伊藤忠都市開発」)と伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:深城 浩二、以下「伊藤忠アーバンコミュニティ」)は、開発に着手している学生専用住宅「クレヴィアウィル早稲田」が、この度、早稲田大学の推薦学生寮に認定されましたので、お知らせいたします。

伊藤忠都市開発はマンション開発で培った機能・ノウハウ及び伊藤忠グループのシナジーを活かし、地方から都市部に流入する学生や外国人留学生を対象とした付加価値の高い学生専用住宅『クレヴィアウィル』の開発事業を積極的に推進しており、この度、第2弾※1となる事業を「東京都新宿区西早稲田一丁目」にて着手しました。2020年3月の完成後は、学生寮運営で40年以上の実績を有する伊藤忠アーバンコミュニティが運営を担う予定です。

早稲田大学推薦学生寮とは、「国際的視野を持った学生の育成を支援する目的で、早稲田大学がその学生に、国際交流を行える住まいの場として推薦する学生寮※2」のことであり、伊藤忠アーバンコミュニティと早稲田大学は今般、安心安全かつ良質な住まいとして本件を運営すること等を約した基本合意書を締結し、2020年3月の運営開始に向け協議を開始いたしました。

「クレヴィアウィル早稲田」は、東京さくらトラム(都電荒川線)「早稲田」駅徒歩1分、早稲田大学(早稲田キャンパス)まで徒歩2分という、駅にもキャンパスにも近接した希少な立地です。本件は入居者の安全性や暮らしの快適性、利便性を重視した施設となります。専有部は、すぐに生活が始められるよう基本的な家具や冷蔵庫をあらかじめ設置したワンルームタイプの個室となっています。共用部に関しては、住み込みの管理員に加え、入退館管理システムやフロア別セキュリティなど先進的なセキュリティを導入予定のほか、各階に異なる用途の共用ラウンジを設置し“新しい交流が生まれる”をコンセプトとした魅力ある企画・開発を推進しております。さらに、入居者間のコミュニケーションをより促進する入居者専用SNSアプリや入居者が24時間連絡可能なコールセンター窓口の設置等、各種ソフトサービスの導入も検討しています。

伊藤忠都市開発及び伊藤忠アーバンコミュニティは今後も各大学との関係構築に努め、入居者はもちろん、離れて暮らすご家族にもご満足いただける付加価値の高い学生専用住宅を提供してまいります。

※1 第1弾は「クレヴィアウィル武蔵小杉」(390戸、2017年3月竣工)。
※2 本件は早稲田大学の学生以外も入居可能です。

 PDFを見る(PDF:485.9 KB)

■物件概要

・名称 クレヴィアウィル早稲田
・所在 東京都新宿区西早稲田一丁目410番23他(地番)
・交通 東京さくらトラム(都電荒川線)「早稲田」駅徒歩1分、東京メトロ東西線「早稲田」駅徒歩10分
・敷地面積 825.16㎡
・延床面積 4135.93㎡
・構造・規模 鉄筋コンクリート造・地上11階建
・室数 197室、管理員室1室
・専有面積 13.05㎡〜15.09㎡(トランクルーム含む)
・竣工時期 2020年2月末竣工(予定)
・入居時期 2020年3月入居開始(予定)
・専有部 トイレ、独立洗面台、ユニットバスルーム/シャワールーム、エアコン、冷蔵庫、机、椅子、ベッド、照明器具、クローゼット、Wi-Fi
・共用部 ラウンジ、キッチン、ランドリー、屋外テラス、駐車場、駐輪場、バイク置場
・設計 株式会社レーモンド設計事務所
・施工 内野建設株式会社
・事業主 伊藤忠都市開発株式会社
・運営管理 伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社

以上
ゴールデンウィークのコーポレートサイトお問合せ/重要事項調査報告書等の受付ご案内
2019/04/16
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク期間中のお問合せ受付は下記のようになります。

●重要事項調査報告書の受付
【最終受付】2019年4月23日(火)まで(4月26日(金)までに発送)
【発行停止期間】2019年4月24日(水)から2019年5月8日(水)
※発行停止期間中にご依頼いただいた重要事項調査報告書については、2019年5月9日(木)より順次対応させていただきます。

●コーポレートサイトへのその他お問合せ
4/27(土)〜5/6(月)は休業とさせていただきます。


予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

以上
PFI事業 「倉敷市少年自然の家施設整備運営事業」代表企業として落札
2019/03/26
当社は、当社を代表企業とする企業グループにおいて、3月6日、岡山県倉敷市が行う「倉敷市少年自然の家施設整備運営事業」の落札者に決定されましたのでお知らせいたします。

本事業は、施設老朽化に伴う建替えを行うとともに、市内の小中学校が実施する「山の学習」をはじめとした自然学習提供の場、家庭教育や社会教育実践の場とする他、市民が気軽に利用することで賑わいや活気を生み出す施設とすることを目的とし、倉敷市が実施するものです。当社グループは、自然の中で子どもたちが自らの成長を促せるような場の創造を目指して、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインに配慮し、地域の方に愛される利便性の高い施設の整備・運営を図ります。

今後も培ってきた経験を生かし、企業理念“「ありがとう」があふれてる会社〜社会に笑顔と価値と感動を”のもと、地域活性化に貢献できるようなサービスの提供を追求してまいります。

 PDFを見る(PDF:363.2 KB)

【事業概要】
●名称倉敷市少年自然の家施設整備運営事業
●事業主体倉敷市
●建設予定地倉敷市児島由加2708番地
●事業対象敷地面積77,141.62u
●代表企業伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社(代表窓口/維持管理)
●構成企業株式会社宮ア建築設計事務所(設計・工事監理)
株式会社ナイカイアーキット、株式会社藤原組(建設)
公益財団法人YMCAせとうち(運営)
NECキャピタルソリューション株式会社(FA)
●開業月2022年4月1日


 当該事業の詳細は倉敷市のホームページをご覧ください(http://www.city.kurashiki.okayama.jp/32366.htm)
以上
当社名をかたった振り込め詐欺にご注意ください
2019/02/08
先日、当社の社員をかたり、マンションにて実施する工事の費用などの負担を求め、高額な金員の振込みを依頼する電話が当社の管理するマンションの区分所有者様にかかってきていることが判明しました。

当社は、金額の多寡にかかわらず、電話のみにて突然振込依頼をすることはございません。このような電話を受けた場合は、所轄警察署にご連絡いただくか、あるいは、下記お問い合わせフォームより、弊社にご連絡いただきますよう、お願い致します。

お問い合せフォームはこちら

以上
 
ITOCHU Urban Community co.,ltd.